夏の定番!実際にあった怖い話

kousuke kousuke

2020.08.03

みなさん、こんにちわ
すっかり夏らしい気候になりましたね
梅雨明けはまだみたいですが、ホントに毎日暑いですよね。


毎日暑くて、自宅の警備も大変です(;^_^A)←そのネタまだやってんのか
我が家の前は、用水路が流れてるし、風通しが悪いし、夏は灼熱地獄と化します><


追い打ちをかけるように、

我が家御用達のクーラー(死語)は、年期ものなんであんまりヒヤシンスしてくれないんだよなぁ(ヒヤシンスって・・・)
音もうるさいしなぁ・・・(知らんがな)
ホントに暑くて溶けてしまいそうです\(^o^)/←そのまま溶けて、どっか行ってくんない?


とまぁ、夏場は地獄と化すkousuke家の話は置いておきまして、

暑い日は、怖い話でもして涼むのが古の知恵というもの!
古事記にもそう書いてある・・・(古事記読んだことないやろ!)

というわけで、今日は私kousukeがリアルに体験した怖い話の一本をお送りしようと思います


突然ですが、インターネット便利ですよね。
オフラインだと何もできない、そういう世界になりつつあります。
そんな我々の生活に欠かせない存在、インターネットですが
悪意を持った人も中にはいるんですな。そういう人の手に掛かると・・・


というわけでインターネット上での怖い話です。
というわけで早速始めていく!


昔勤めていた会社の独身寮に入っていた時、夜帰宅すると、犬の鳴き声がするんですよねー
「あれれ?おかしいなぁ、この寮、入るときにペット禁止って大家さんに言われたのになぁ」
「大の大人がこんなルールも守れないなんて、怖いなぁ」

と思って、犯人を突き止めてやろうと思って耳を澄ましていたら、


どうも私の住む部屋から鳴き声が聞こえるんですなぁ・・・
「あれ?おかしいぞ・・・私は犬飼ってないし、すぐ手を噛まれるから犬嫌いまであるぞ、なんなら狛犬も嫌いなぐらいだ」
と思ってさらに耳を澄ましていると・・・・



ん?
これ違う話だ・・・( ゚Д゚)
前座ということで、許してヒヤシンス(ヒヤシンスやめろ)



そういうわけで、ここからが本題!

その昔、私が中学生のころ、とあるオンラインゲームに夢中になっていました。

そのゲーム内でのこと。
私にはこのゲームを一緒に遊ぶフレンドがいたのですが、その方はこのゲームで知り合った人でした。
実際にあったこともなく、顔も知らない、インターネット上のお友達ですね。


しばらく、その人とゲーム内で交流していて、よくゲーム内のチャットで雑談をする仲になっていました。
普段は何気ない日常の愚痴や、ゲームの話題等当たり障りのないチャットを楽しんでいたのですが、ある日を境になんかよく分からない質問をしてくるようになりました。


「kousukeちゃん(ゲーム内では女性設定だったから・・・汗)、サンミーって知ってる?」

また別の日には、
「kousukeちゃん、パーントゥって知ってる?」

また別の日、
「kousukeちゃん、ママさんダンプって知ってる?」

といった具合に。
そんな感じでよくわからない質問をちょくちょくしてくるようになって1か月ぐらいだったころ、
いつものように、そのフレンドさんに質問されたんですが、それはいつもの調子と違って・・・


「kousukeちゃんって、○○県に住んでるよね?」


って。



私は絶句しました。
フレンドさんが言った○○県は確かに、私の住んでいる県でした。


勘の良い方は気づいていると思いますが、
彼が1か月近く繰り返していた意味の分からない質問は、その地域特有のものを列挙して、私が知っているか、知らないかで、私の所在している県を絞り込んで、ついに47都道府県から
特定してきたんですね。


今なら、県が特定されたところで、だから何?って感じですし、中々の策士だなぁと感心するところなんですが、その当時中学生の私は、怖くて怖くて仕方ありませんでした。
私の住んでいる県を特定したフレンドさんは、直接会おうと言ってきて・・・


・・・


それ以来、私はそのオンラインゲームを引退しました。

お話は以上です。
みなさんも、ネット上での他者との交流にはお気を付けください。
ご清聴ありがとうございました。

この記事のタグ

この記事を書いたスタッフ

kousuke

セールスプロモーション部 企画・制作課

記事一覧

仕事に追われるでなく、仕事を追えるプログラマーを目指して頑張ります。

すべての記事一覧へ

WORKS

  • WEBサイト新規制作
  • WEBサイト新規制作
  • キャラクターデザイン
  • 学校案内パンフレット
制作実績一覧へ

ハリマニックス株式会社を知る