社員教育はe-ラーニングの時代!? 「e-ラーニング」セミナーを開催いたします!

旬一番

2019.04.17

田尻 哲朗

今回は弊社が開催いたします「e-ラーニング」のセミナーについてのご紹介です。

時間外労働の上限規制によって、月45時間・年360時間を超える残業に罰則の可能性

厚生労働省が発表した「時間外労働の上限規制」によると、「残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別な事業がなければこれを超えることができません。」としています。

大企業では施行がすでに開始されていて、中小企業も2020年4月から施行される予定です。
もし、違反があった場合、罰則が科されるおそれがあります。

社員教育を行えるe-ラーニング

e-ラーニングは、電子機器を通じて自主学習を行うために構築された教育システムや学習管理システムと言われています。

最近では、インターネットを活用した学習システムを指すケースがほとんどで、紙などの資源・教育時間の大幅なコストカットが期待でき、時間外労働の上限規制対策に有効な手法の一つです。

セミナー概要

e-ラーニングセミナー

講座内容

講座1

・これからの「社員教育」はこう変わっていくという事例・紹介。
・働き方改革を効率的に進める為、国の補助金などを有効活用する方法など。

講座2

人財育成2.0 デジタル時代の学び方改革!e-ラーニング。(講師:株式会社プロシーズ 吉岡 氏)
クラウド管理、e-ラーニング。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

田尻 哲朗

セールスプロモーション部 企画・制作課

モットーは「ワクワクすること・ものを作り続けること!」